スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆弾探しの旅~part1.

2007年09月27日 01:06

アナタは待つのが得意だろうか。
いやー、今日は待った。
いろはも作者も、じっと、待った。

待った場所は、病院の待合室。
待ち時間2時間。
そう。受診に来てみたら、
病院が混み合っていたのだ。

獣医師は数名いるが、もはやテンテコマイ。
受付も、診察室も戦場と化している。
ここはそういう病院である。
でも、せっかく待ったのだから
しっかり診てもらおうじゃないか。

20070927_1
にくまん、生成中@帰りの地下鉄内
注意)エアコン効きすぎて、作者は寒かった!




たくさんの質問事項を用意し、我々は
一番奥の診察台へ通された。
(ここは、ワンフロアに複数の診察台があります)

いろはは、忙しく行き来する他の看護師さんに
愛想を振りまいて呑気だ。

質問を吐き出そうとしたら、先生からこう切り出した。
「いろはちゃん、その後発作はどうなりました?」

軽い、感動を覚えた。
だってこの先生、主治医じゃない。

この日(も)
いろはの担当だの何だの言ってる場合じゃなかった。
患者(ペットたち)で待合室はおろか、
屋外も ごった返していたのだから。
担当は無視しないと、診察が終わらない。

それに
この病院ではどの先生に当たっても、
診察方針が一環しているので 影響はない。

でもね。嬉しいじゃないの。
当たり前だけど、それができる病院って少ないし(切実)。
ちゃんとカルテを見て、誠実な応対をしてくれるのが
先生の一言で、感じられる。
このフレンチブルが、6月に発作を起こし
病院が精密検査をすすめてから、事態は保留だったのだ。

作者は、常備している動画を差し出し
先月の発作状況を報告した。

20070927_2
にくまんを冷ます工程@駅前のいろは


先生のワンちゃんも、発作が起きているという。
そんなエピソードを交えながら
新たにお話いただいたポイントを、報告しよう。

●MRI検査を、強く勧めます!
MRIで絶対にわかることのひとつに、水痘症の有無があります。
水痘症は、時間が経過すればするほど
治療が困難になる病気です。
可能性が低くても、水痘症じゃないとわかればよいのです。
水痘症の発見が、遅れれば手の施しようがありません。

●でも、60%くらいは1度の精密検査で原因不明
脳の病気は、とても厄介です。
可能性をひとつずつ消していく訳ですが、
MRI等で、色んな病気の可能性が消えても
更なる検査をしないとわからないことも多いです。
それが、いつまで続くかもわかりません。
それだけ、脳疾患には多くの可能性があります。

●発作を起こせば、脳の細胞破壊は確実
いろはちゃんは、薬を呑むほどの発作ではありません。
(回数や程度が)
でも、これまでもそしてこれからも
発作が起きている間に、必ず脳細胞が破壊されています。
従って、発作は出来る限り 防いであげた方がよいです。

●座薬という方法もある
発作と共に、座薬を処方することも視野に入れてください。
発作には、波があります。
1本の波で済めばいいのですが、ひとつの発作が
もうひとつの発作のスイッチとなることがあります。
こうなると、ずっと発作のピークが持続してしまいます。
それを抑える目的もあるのです。
ただし。発作中に、冷静且つ速やかに 飼い主が座薬を投じるのは
少々、困難でもあります。

20070927_3
よーく冷ましてから、帰宅しましょう


以上が主なポイントだった。
そろそろ、5度目の発作が起こると思う。
先生のワンちゃんは、床について30分以内に発作が起こるという。
いろはは、寝起き後すぐだ。
他にも、前日にサインが出ているかもしれないし
なるべく それを探し出すことも重要だそうだ。

しつこく残暑が続く大阪だが、
過ごしやすくなれば、精密検査の手続きに入ろうと思う。


実はこの日の受診、全然違うことで行ったのだけど
これだけで、すっかり話し込んじゃったよ(笑)。
本当は、いろはの嘔吐についての診察だった。
嘔吐も 奥が深いからね。
この続きは、また後日。COMING SOON!ってことで。




スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://168mania.blog19.fc2.com/tb.php/215-d788d8d4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。