スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直な音

2007年04月03日 01:06

微妙な天候だったので。

20070402_1
それは、ぼくにももらえるですかね?
犬には、何も出さないよ。

花見の予定が、室内で焼肉パーティーへ変更となった。

作者はまたもや、人の車に乗せてもらったので
アルコールを自粛する皆さんの中、
平気で酒を飲み、ゴキゲンな時間を過ごさせていただいた。





それにしても、このケモノたち動物たちと人間たちを
急遽、快く受け入れてくださった 小次郎・武蔵邸には
本当に感謝だ。もう、大騒ぎだったからね。

▼クリックして拡大してね▼
shinbun55
なんか、スペルが微妙におかしい子もいますが、見なかったことに…ゴメンナサイ
取材協力
for*you愛犬小次郎♪親ばかサイト
ブンタロウとランと飼い主のダラダラ日記ブンランコンビはお留守番
Boo Boo ベティのあくび
良犬屋ライフ
SPOILT!?
ジャックラッセルテリアのジャックサン君も、ありがとう♪

終始、たくさんの皆さんにかわいがってもらい
(しかも、大好きな人ばっかり集まっていた)
さすがのいろはも、帰りは撃沈となった。

一方作者は、小次郎・武蔵パパさんの作る
うますぎるカクテルをおかわりし、ワインまで飲み、
パパさんが焼く食材を片っ端から遠慮なく食べ、
いろはーさんから「またこの人は、もてなされっぱだ」と
思われても仕方ない。

帰宅後、いろはも作者もぐったりだったので
晩ごはんは食べずに寝ることにした。
おなかが苦しかった。
でも、よく考えると
満腹なのは作者のみで、いろはは空腹。朝食は確か7時半だった。
そんな肝心なことを、知らぬフリで
我々は同じ床についた。

深夜2時ごろ。
妙な物音で、目が覚めた。
寝息を立てるいろはは、作者の顔正面で丸くなっている。
熟睡だね…と再び眠ろうとしたら、妙な音はまた鳴った。
キューキューという音は
いろはの腹から、絶え間なくなり続けた。

いろは、おなかが空っぽだ…今更過ぎるが
紛れもない事実を、認めるしかない。

しばらく、景気のいいキューキューを じっと聞いた。
ま、しょうがないね。朝においしいもの作ってやるよ。
そう自分に言い聞かせたその時。

今度は、いろはの口が動いた。
クチャクチャと動いている。

自分の「ぐうたら」のせいで、睡眠妨害を受け
腹を鳴らしながら、ごはんを食べる夢を見る犬を
ただ見るしか術がないのであった。

自業自得。
切ない光景は、しばらく続いた。



スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://168mania.blog19.fc2.com/tb.php/184-e710a7eb
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。