スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノクロ

2007年02月07日 19:40

モノクロというのは、写真の話だ。
かといって、画像はモノクロではない。

20070205_1
ゆうやけです。いっぱい遊んで、かえるところです。
先日、バディ君と会った。
バディ君は、黒いわんこで
いろはは、白いわんこである。

この2ブヒの2ショットをぜひ撮りたい。
会えば、そう思うのが人情というものだ。

でも、素人が撮影すると
黒いのと白いのを並べて撮るのは至難の業だ。
夫よ。作者の誕生日は7月だが
今すぐ 一眼レフをプレゼントしてくれないだろうか。

いやフツーのデジカメでだって
色々と調整をすれば、素敵に撮れるのかも知れない。
だが、作者は形から入るタイプなので
それではやる気が出ないのだ。

たとえ今が7月でも、一眼レフを夫がプレゼントしてくれる確率は
限りなく低い。
一眼レフプレゼント!なんていう懸賞を探し出して
地味にハガキを書くくらいしか、なす術はない。

▼▼クリックするとサイズが大きくなるです▼▼shinbun51

新聞に掲載している子供ちゃんは、
年のころならまだ1歳だ。
オセロブヒ'Sを見て「わんわん」とつぶやいたということは、
利発なお嬢さんだと推測される。

嬉しがって撮影に夢中になり、作者は誤ってリードを離してしまった。
するといろは。
スキップでお嬢さんへ駆け寄る。
お嬢さんは、ヨチヨチ歩きだ。
きっと、いろはの鼻息だけで倒れてしまうだろう。

それなのに、鼻息だけではなく
かなり接近したため、お嬢さんは見事に倒れこみ
ついでに腰も抜かしてしまった。

当然のことながら、お嬢さんは号泣された。
幸い、ご両親が「なんてことすんのよ!このブタ犬が!」などと
おっしゃらなかったので救われた。
だがお嬢さんが将来、フレンチブルと暮らすことは決してないと思われる。

せめて、犬嫌いにならなければよいが。。。
フレンチブルは、悪気がなくても
相手を傷つける可能性が、残念ながら高いと認識している。
飼い主、要反省である。

余談だが作者は、過去2度も犬に噛まれたことがある。
結構本気で噛まれ、まだ体にキズが残っている。
なのに「こんなに犬が好き♪」という特例といえよう。

さて、さんざんカフェで
皆さんにかわいがっていただいたいろは。
何やら飼い主へ、静かに訴えていた。
チッコだろうと思ったが、オフィス街真っ只中の道路で促しても
ヤツは決して用を足そうとしない。

結局、バディ君と別れて
公園に寄ってやると、すぐさま用を足した。
出したのは、ずいぶんでかいンコの方だった。
冒頭は、すっきりしたいろはの写真である。

ンコがしたいという意思表示は、耳を真っ赤にし
じぃ~~~っと飼い主を見つめるのだと、ようやく学習した作者だった。
(シッコとンコの区別が非情にわかりにくい犬です)

スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://168mania.blog19.fc2.com/tb.php/175-932c3c61
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。