スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなりチアノーゼ

2006年05月05日 20:46

黄金週間も大詰め。こどもの日である今日。
個人的な行事として、我が家は結婚記念日であった。
が、どうせ夫は年中不在だし 別にいつも通り過ごせばよい。
そう思っているところへ
バーベキューやろうぜってお誘いをいただく。
(from 良犬屋さん&ブンラン子さん)

「肉♪ビール♪」とスキップで参加した作者であったが
いろは史上初の、マジでやばい事件が勃発したのである。


これまで、いろはは 作者に様々な心配をかけてきた。
タバコ等々の誤飲に始まり、
別にヤツは悪くないけど 去勢手術の時だって
それなりにハラハラしたと記憶している。

が、しかし。
今日の心配は、超ウルトラ級であり
たくさんの人たち(+ワンコ達)を巻き込むことになってしまった。

いつものように、コサチさん のお迎えで
意気揚々とBBQ会場に到着した。
駐車場から、ヨウスケ君が 早朝より確保してくれたベストポジションへは
やや距離があった。
でも、さほど暑いわけでもなく(AM9時台)
そして さほど歩き回ったわけでもない。

車を降りてから数分後、いろはの息が「ゼイゼイ」言い出した。
興奮しているらしい。いつものことだ。
初めての場所。開放的な雰囲気。たくさんのワンコや人。

いろはは、とてもお調子者であり
すぐに テンションが最高潮になる犬だ。
過去には夜の散歩で 熱中症になったこともある。
だから、作者は 注意深く いろはの様子を観察していた。

呼吸が荒くなったので、途中で水を飲ませた。
着ていたアンタイシャツも濡らした。
それでも、引き続き いろはの「ゼーハー」は勢いを増していた。
ゆっくり歩いて進んで行く。

こんどは嘔吐。
この時点では、まだ作者も落ち着いており
体を冷やしつつ 目的地へ出向こうとしていた。
コサチさんが、とりあえず 先に目的地に行き
また戻ってくると言ってくださった。

作者といろはだけになり
(えっと、実はブリンドルのカワイコちゃんが挨拶してくれていたです。ほぼ無視で失礼しました…)
しばらく、様子を見ていたのだが。
だんだん雲行きが怪しくなってきた。
いろはの嘔吐がとまらないのだ。

コサチさんが再び やってきて
作者は、いろはを担いで 目的地へ向かうことにした。
それでもいろはは、抱かれながらも
噴水のように胃液(だと思います。白のアワアワ)を吐き続ける。

ようやくヨウスケ君と合流。
なるほど、ベストポジションで風通しが良い。
が、いろはの様子はみるみる悪化。

俗に言うチアノーゼ(酸欠状態)に陥り
ピーピーと笛の音みたいな 呼吸。
息は吸いたいけど、全然吸えていない…
舌がどす黒い紫になり、口の中はネバネバ。
もちろん立っていられなくて、そのまま倒れこんだ。
体温はさほど熱くない。なぜ、こんなことに??

その場に居合わせた人間様(コサチさん、ヨウスケくん、作者)は
それなりに犬との生活をしてきただろうが
もう、全員が冷静さを失わざるを得ない状況になってしまった。

作者は半泣きで、いろはの名を呼び
コサチさんは 大急ぎでスマ君かかりつけの病院へ電話をし(応急処置方法を尋ねてくださった)
ヨウスケ君は、材料買出し隊のミキちゃん、ブンラン家に電話してくれた(近所に受け入れ可能な病院はないか)。

スマ君の獣医さんが、「体温が上がっていないと感じても、
引き続き冷やしたほうがよい。
例え落ち着いたとしても、病院へいくべし。」という指示をくださった。

ヨウスケ君から急な電話を受けたミキちゃんは
受話器越しに聞こえる いろはの息づかいをきいて
「これはヤバイ」と思ったそうだ。
(今から思えば、かなり派手な音であった)
ブンラン子さんが、知り合いの動物病院へ連絡をしてくださり
ブン父さんのナビで、急遽病院行きが決定。

すんごい遠い駐車場だったのに、コサチさんが
走って車を とりに行ってくださった。
作者が一歩も動かぬ間に
いろははたくさんの人を動かしたことになる。

コサチさんが持ってきていた子供用アイスノンを
わきの下や太ももの付け根に 巻きつける。
(作者もさまざまな保冷財等を持ってきてたけど、
動揺しすぎで、まったく活躍せず)
「だいじょうぶ。いろは、大丈夫よ。」と
まったく大丈夫ではない声で、語りかける。
水を少しずつ、手ですくって口に入れ
ネバネバを潤す。それしかもう、術がなかったと言えよう。

すると。

黒く硬直していた舌が、少し赤みをおびてきた。
相変わらず「ピーピー」言っているが
なんとなく 命の危険は脱したような気がする。

コサチさんが、顔面蒼白で車を回してくれたときには
いろはは 立ち上がるまでに回復していた。
そしてコサチさんがタオルを濡らして、体に巻いてくれると
正直 いろははウソのように 元気になった…。
コサチさんが用意していた グッズをものの数分ですべて
使い果たして(すみません…)。

一応、大事をとって病院へ向かうことにしたが
病院到着時のいろはは 元気そのもの。
ホテル並みの佇まいだったその病院で、
病院中のスタッフが、固唾を呑んで待ち構えていたのに。嗚呼、それなのに。
すみません、診察料をタダにしてくださいました…元気だってことで…


以下、先生の見解。


●今回のチアノーゼについて●
同じチアノーゼでも
日射病、熱射病、熱中症によるものがありますね。
しかし、おそらく それとは別に原因があったのではないでしょうか。

興奮する性質だったいろはが、初めての場所で
楽しげな雰囲気♪にスイッチが入る

そうして、それに拍車がかかったところで嘔吐。

嘔吐をすると、タダでさえ呼吸がしにくい。
ましてや、温度がやや高い状況の下
鼻ペチャ犬種は 酸素を取り込むのは 非常に困難な作業。

今回のチアノーゼはそこに原因があるかも知れません。
嘔吐は 繰り返し続いたのであればなおさら。

こういう時は、とにかく 風通しのよい場所で
落ち着かせることしかありません。
チアノーゼも度を過ぎると、応急処置では
手の施しようがない状況に陥ります。
今回は 回復してくれて本当に良かったです。

その他 チアノーゼ例)
大好きなおもちゃに大興奮→チアノーゼ
ご飯が嬉しすぎて、がっつきすぎ→やっぱりチアノーゼ

なーんてウソのような例も実際にある(そして、それらも いろはは要注意)ので
飼い主は注意が必要といえます。

今回は熱も39度台と おさまりつつあり
内診の結果異常ありません。
大事をとって、点滴をしてもいいですが
500gほどの液体を背負ってしまうことになるので
お家にまだ 帰らないのであれば 避けたほうがいいですね。

自分でお水が飲めるなら、問題ありません。
もちろん、この後は くれぐれも興奮させないよう充分注意してください。

そんなわけで、散々 たくさんの人たちを心配させておいて
いろはは 普通にBBQへ合流した。

そうして、まだ5月に入ったばかりだというのに
虚弱体質な犬を連れて、アウトドアに興じることの難しさを痛感。
他にもフレンチブルは いたのだけれど
誰もゼーハーしてなかったのだけれど。。。
それと いろはを一緒にしてはいけないようだ。

軟口蓋は切る必要はないはずだし(獣医さん確認済み)、
今回は、熱中症でもなかった。

近頃、いろはに発疹が出てやや気にしていた作者だが、
そんなことより 生きて今日帰宅できて本当に良かったと思う。
多少のブツブツなんて 飼い主の努力でどうにでもなりそうな
そんな気がした 長い1日であった。

楽しげなBBQの写真は、また後日(笑)。

20060505
ぼくだけ、離れこじま なのは気のせいですかね…

いろはの為に、素晴らしいチームワークでサポートしてくれた
皆さんに、心から感謝いたします。
今度は我が家で、感謝祭だね。エアコンがんがんつけて。



スポンサーサイト


コメント

  1. コサチ | URL | 45inwyFM

    ほんとに、ほんとに

    ほんとぉ~にお疲れ様でした=3
    eri.kさんにとって生きた心地のしない時間だったでしょう。
    わたしだったら泣いてます、確実に!
    無事に回復してくれてよかったです!
    ひんやりグッズが活躍してよかったよ。
    冷やさなくてもよかったのか?とも思えますけどね(笑
    いろ君も今日はゆっくり休んでねぇ~

    あ、eri.kさんの大事なビールが入ってたんでいただいちゃいますね♪

  2. コタママ | URL | xfH9rAAU

    あああ・・・よかった・・・。

    びっくりしました。
    実はわが子もこういった状態にはならずとも先日からちょっと出歩くとかなりゼハゼハがひどくなるので自分なりに暑さ対策というものに気をつけているもののきっとこの場に遭遇、経験するとなると冷静ではいられない・・・と思います。
    不幸中の幸い・・・そして絶妙なチームプレイ・・・本当にある意味おでかけという状態が幸いしていたようで・・・よかったですねー(;Д;)
    わが子も興奮しやすい性格なので更に注意・・・そして参考にさせていただきたいと思います。
    いろはくん、eri.kさん本当に無事でヨカッタですね。
    そして合流・・・。(笑)
    明日はのんびり体と心を休めて下さいね~。

  3. to-ko | URL | NCHi18mk

    無事で何より!!

    ちょっと読みながら泣けて来てしまいましたですぅ。
    いろは君、回復してくれてよかったぁ!!
    eri.kさんがパニックになるのは仕方がないですわ。
    誰しも自分とこの子がおかしくなったら冷静でいられなくなりますもん。
    ほんと無事に回復してくれて良かったですね!!!
    皆さんがいてくれたのもいろは君にとっては幸運だったのかも。

    やっぱりこれからの季節、ひんやりグッズは必需品ですねぇ。

    eri.kさん、ほんと~にお疲れ様でした。

  4. 姫 | URL | -

    あぁぁぁぁ~

    すみません。読みながら泣いてしまいました。。。
    いろはくんよがっだよ゛ぉおぉ~(号泣)

    もう本当にブルには厳しい季節になってしまって
    お出かけのひんやりSETが必需品になってきましたね。近く公園にお出かけ予定だったので今回の記事は
    本当に勉強になりました。
    まさおはゼイゼイしない方なんですが
    ほかのブルちゃんがそうなったときに
    皆様のようにテキパキしなきゃですから!!

    eri.k さん、いろはくんお疲れ様でした。

  5. まゆこ | URL | -

    Re:いきなりチアノーゼ

    ひぇぇぇ~~~~~(汗
    ドキマキしながら読んでしまいました!!
    大事にいたらなくて本当に良かったですぅ。
    皆さんの連携プレー素晴らしいですね!!
    私がその場にいたら半狂乱状態になってしまいそうです。 これからの季節の外出は本当に気をつけないとデニを殺してしまいかねないです。私・・・
    いろは君お大事にね!!

  6. じゆんこ | URL | 9tMSreZQ

    い、いろはく~~~~ん!

    タイトル見てかなりびっくりして、記事を読んでパニくりました~。
    で、後半あたりで夫婦で半べそ状態(笑)
    でもホントにホントに大事に至らなくて良かったですぅ。
    そしてみなさんの迅速&的確なチームプレーに感動しました。
    同じブヒを飼っているものとしてとても人事とは思えないです。
    私もひとりだったらアワアワして何も出来ないと思われますぅ(汗)
    いろはくんゆっくり休んでね。BBQレポ楽しみにしてます!

  7. masayuki | URL | -

    大変だ~

    もう大丈夫ですか?
    酸欠状態をチアノーゼというのですね(知らなかった・・・)
    いろは君にはいつも勉強させてもらっています(笑)
    ほんと無事でよかったですね。

    ぐり君も興奮しやすいほうなので気をつけます。

    BBQいいですね。
    我が家もそういうのに参加したいです。
    eri.kさんのレポートで参加した気になります!楽しみにしていまーす。

  8. Keiko | URL | nPUD.JxI

    Re:いきなりチアノーゼ

    本当に、何事もなくってよかったです。
    我が家が到着した時に、『いろはくんが・・・』と聞き
    驚きました。大丈夫なのかとドキドキしていましたが、元気に病院から戻ってきたいろはくんを見てホッとしました。eriさんもお疲れになったでしょう??
    我が家は、なにもお手伝いできずごめんなさいね・・
    今日はいろはくんとともに、ゆっくり休んでくださいね!!無事に一緒にBBQ出来てよかったです~~!

  9. ゆみこ | URL | 2Qwf./yA

    Re:いきなりチアノーゼ

    ビックリ!!今日はいろは君元気になってますか?まさに今回の記事は読みながら、ドキドキ涙もにのでした。eri
    .kさん本当に大変でしたね。周りの皆様の敏速な対応すばらしいですね。これからの季節の保冷剤の必要性とっても勉強になりました。
    いろは君早くよくなってね。

  10. ミキ | URL | RqWBMyRA

    Re:いきなりチアノーゼ

    昨日はお疲れ様でしたー。
    いやはや、連絡を受けたときはカナリびっくりしましたが
    呼吸音を聞いたときは、相当焦りました(汗)
    こんな時に頭を駆け巡る緊急病院は
    遠い場所ばかり。ブンラン子さんが知っててくれて
    よかったです。いろは君、ゆっくり休んでねー!!

  11. こはま | URL | -

    Re:いきなりチアノーゼ

    とても人事とは思えず、どきどきしながら読ませて頂きました。
    なにはともあれ、無事でよかった!
    我が家も同じ日に、身体は熱くないのに異様にガヒガヒする
    我が家のブヒに、ちょっとばかしアタフタしておりました。
    いろはくんの今回の出来事は、興奮しやすいブヒのいる
    我が家への教訓でもある、思った次第です。
    eri.kさん、ほんとにお疲れ様でした。
    そして心強い味方のお仲間さんたちの連携プレーも勉強になりました。

  12. ぢゅん | URL | -

    よかったよぉ~。

    あー、ビックリした!
    結果的にいろはクン元気になったからよかったけど、
    スペシャルな楽しさ+5月の暑さ=チアノーゼだなんて…。
    大変でしたね(涙)
    ワタシだったら取り乱して泣いてますよ、確実に。
    周りのヒト達の的確なサポートにも感心!
    でも、このGWは結構暑かったですもんね。
    ウチも気をつけないと…。

    それから、結婚記念日オメデトーございます(笑)

  13. けい | URL | -

    よかったーーーー!!

    いろは君よかったよ~~~
    GWなってから急に暑くなったからねー
    でもよかった無事でーーーっっ
    そろそろクールダウングッズを持ち歩かねばならん季節デスね。
    あ、携帯エアコンなるもんがありますよー人間用だけど。
    まだ使ってないけどよさげデス。
    https://www.ccmedico.com/netshop/shop.cgi

  14. eri.k | URL | HwDRl306

    Re:いきなりチアノーゼ

    コサチさん
    いやぁ~、今回の一件は ほんとうにほんとぉーに
    お世話になり、心配と迷惑をかけてしまいました。
    コサチさんたちがいてくれたから、号泣せずに済んだですが
    そうじゃなかったら…想像しただけでもゾっとするですよ。
    今日、ヤブの方の病院へ行って
    ついでに昨日のことを話したら
    その先生が一言、「ああ、窒息だったんですね」。おわり。
    ええ、窒息だったんですけど(激怒)??
    皮膚も、チラっと見ただけで原因や病名も言わず
    「気にならなければ、薬用シャンプーでいいのでは?」おわり。
    おっと、グチが止まらないので また今度聞いてください。

    コタママさん
    コタママさんも、これまで たくさん辛い思いをされていると思いますが。。。
    今回のいろはは、かなり絶望的な症状に見えたので
    正直 かなり参ってしまいましたぁ。
    興奮しちゃう仔は、やっぱり飼い主が どのタイミングで
    クールダウンさせるかにかかっていると思います。
    走りまわるのが大好きなのに、
    そんな仔に限って それが命取りになるというところが
    なんとも難しいですよねぇ。
    今回ばかりは、コタママさんのおっしゃる通り
    皆さんとご一緒させてもらうイベントだったからこそ
    いろはは、無事に帰ってこれました。
    そして、ずうずうしくもBBQまで…(爆)
    スミマセン。一応反省はしておりますぅ!!

    to-koさん
    ありがとうございます。
    いつも、私の言葉に耳を傾けてくれるいろはも
    この時ばかりは、呼びかけても 半分白目をむいて
    意識が殆どありませんでした。
    冷静さ…といっても、ムリに等しい状況ですが
    それでも 今、犬が どういう状態かを
    何とかして把握→即、行動…しなくちゃダメだと思いました。
    この日以来、いろはコマンドのひとつに
    「いろは、生きてる?」が加わりました(笑)。
    ヤツが 私の側をウロウロしているのは、万歳したくなるほど
    幸せなことです。そこに気づけただけでも、ヨシとしときます。

    姫さん
    すみません、余計な涙を(笑)…ありがとうございました。
    いろは、ウソのように元気になって帰ってきました。
    冗談ヌキで、皆で楽しげに走り回っていて
    次の瞬間に 天国へ旅立ってしまうことがある…
    それがフレンチブルという犬種です。
    イヤというほど、それを痛感した1日でした。
    興奮が原因の場合は、犬を落ち着かせることが
    大切だそうです。
    普段から、どうすれば落ち着くか
    出かける先に、病院はあるか …etc.
    あらゆる事を 頭に入れて 心して夏を乗り切りたいものです。

    まゆこさん
    毎度、うちの犬がお騒がせ致しております…
    正直「もうダメだ…」と思ってしまいました。
    そんなことではいけないのですが、レッドカードが
    間違いなく見えたです(汗)。
    日ごろから、いろはをかわいがってくださっている皆さんが
    一生懸命、動いてくださったお陰です。
    もう いろはのあんな姿は見たくないですね…
    お互い、この夏を 気合で乗り切りましょう(笑)!

  15. ぴかこ | URL | -

    Re:いきなりチアノーゼ

    あ~読んでてハラハラしちゃったですよ。
    いろはくん、よくなって本当によかったです。
    口が聞けない分、本当によく観察してあげないと
    とんでもないことになると、記事を読みながら反省です。

    東京もまるで夏のような暑さです。
    冬に続き、ワンコに厳しい夏がやってきます。
    気合と愛情で乗り切りましょうね~♪

    いろはくん、復活して安心したよ~。

  16. eri.k | URL | HwDRl306

    Re:いきなりチアノーゼ

    じゆんこさん
    いつも、驚かせて本当にすみませんです…
    突然 訪れた いろはの豹変っぷりには、さすがに
    大パニックに陥ったです(涙)。
    あんなに苦しむなんて、これは飼い主も
    課題山積みだ~…なんて思いました。
    実は、この症状を たまたま直前に 本で読んでいました。
    それでも 何にもできなかった私(汗)。。。
    もう皆さんには
    本当に感謝の一言につきますです。
    リバースしすぎて、肉の匂いだけかがされるいろはが
    これまた切ないBBQでした(笑)。

    masayukiさん
    もう大丈夫です。
    ご飯もおかわりできる勢いです♪
    いろはを反面教師にして(笑)、ぐり君は元気一杯
    夏を乗り切ってほしいですよ。
    呼吸困難な状況が続くと、舌が青紫になるです。これが
    チアノーゼ(酸素欠乏症)のサインとされています。
    犬が、生死の境をさまよったというのに
    飼い主は その数時間後にBBQしてますからね(苦笑)。
    笑い話になってよかったですが、2度とこんな体験はしたくないなぁ。

    Keiko さん
    色々とお騒がせをして、すみませんでした。
    うるる一家の冷蔵庫のお陰で、そして
    パパさんの大活躍で、私、ひたすら飲んで食べてました(笑)。
    イカリ食材おいしかったですぅ~(ゲンキン)♪
    ある意味、ショック状態のいろはを見ずに済んだのは
    良かったかも知れません。
    あの後、酒を飲む私もどうかと思いますけど…。
    また 遊んでくださいね~っ!

    ゆみこさん
    毎度、驚かせて申し訳ありません…(汗)
    今日といわず いろはは、BBQに合流した瞬間から元気であります。
    この落差が怖いですね。
    その時は、あまりにも突然訪れるのだと痛感しました。
    人間の「今日はそんなに暑くないな~」というアバウトな感覚は
    犬には通用しないようです。
    いろはも、パピコの時は 暑さに強かったんですけどねぇ。
    私も、身をもってたくさんのことを学んだですよ。

    ミキちゃん
    その節は、ありがとうございました。
    あんな状態になるんですねぇ!
    表現が悪いけど、首を絞められたような苦しみ方で
    あれにはさすがに参りました。
    みんなのお陰で回復できました。
    そして、その後のBBQ の楽しかったこと(笑)…
    ちなみに久々に いろはを担ぎまわった私は
    筋肉痛に見舞われております。うぅぅ…私に多頭飼いはムリだ…。

  17. happy | URL | 77xK3oXs

    無事で良かったですー!!!

    タイトル見てびっくりして、記事を読みながらドキドキがとまらなかったです。
    いろはちゃん、チアノーゼになったなんて(>_<)
    嘔吐が止まらなかったのも、チアノーゼの症状なのですかー?
    楽しくて興奮しただけで、命の危険にさらされるなんて、本当に驚きました(T_T)
    でも、みんなの応急処置で、いろはちゃんが回復してくれて、ホントに良かったですー!!!
    その回復の早さにも、本当に驚きましたー!
    いろはちゃん、すごい!!!

    eri.kさん、結婚記念日おめでとうございますー☆
    忘れられない日になっちゃいましたね。

  18. ひでお母 | URL | -

    び、びびったぁ

    よかったぁぁぁ。ほんとによかった。
    読みながら心臓バクバクでした。
    これからの季節、ほぉぉぉぉんとに気をつけないとだめですよね。特に興奮しやすいタイプ・・・
    そして周りのみなさんのすばらしい連携プレー。感動!!eri.kさん、一人の時じゃなくてほんとによかった。我が子がチアノーゼになって冷静でいられる飼い主なんて多分いない・・はず・・。
    ひでおもたいがい興奮しい。気をつけないと!!!
    なんだかとっても、勉強になったです。

  19. emi | URL | -

    Re:いきなりチアノーゼ

    ひぇぇぇ~。
    あたしも読みながらオロオロしてしまいました。
    ちょっとした変化って、ホントよく見ていないと気づかないものですよね。話せない分飼い主がわかってあげる・・・。
    それがとっても難しい。
    興奮してしまうと抑えるのは難しいですよね。グリも手がつけられなくなる事が多々あります。
    これからの季節、うちも気をつけます!!

    でも、本当によかった♪ 

  20. cacography | URL | -

    うう~よかった(涙)

    いろはちゃん、よかった~!!!ドキドキしながら読み進めました。なんせゴースケが車に乗ると「チアノーゼ」状態になりかけますから・・・。嘔吐による喉の詰まりを防ぐために、ごはんは抜いて休憩は頻繁に。水分はたっぷりと・・・と。注意はしているものの、これからの季節はどうなるやら、と心配でならないんですよね・・・。

    フレブルはコーフンが一気にくるのでアウトドアにしても何にしても注意が必要ですよね~とにかくお疲れさまでした♪

  21. Sachiko | URL | -

    Re:いきなりチアノーゼ

    先にうるるちゃんのところで読んでてよかった。。(-"-;A ...アセアセそれでも心臓バクバクしちゃいました;;
    そのときのeriさんの動揺は如何ばかりかと思うと胸が詰まります。。本当に大事に至らなくてよかったですぅ~~!
    いろはちゃん♪元気になってよかったね♪ホッ♪

  22. えいきち | URL | b2H7qQ3I

    いろはくん・・・(涙)

    久々訪問なのにいきなりでしたのでビックリです。
    いろはくんも元気になられたとのこと。無事でホントにホッとしました★ 周りの方達が頼りになる人達がいてくれてホント良かった。私がもしそう言う状況になってしまったらと思うと何もできない状況で・・・ゾッとします。みなさん頼もしく感じ感激しました。
    いろはくん、ゆっくりお休んでね。

  23. なび | URL | -

    Re:いきなりチアノーゼ

    やっぱり鼻ぺちゃ犬にはこの時期はキツイんですよね。
    いろはくん無事で本当によかったv-395

    凛ブブのお医者さんは、
    この時期はなるべくお散歩は行かないように、
    とおっしゃっています。
    遊びまわりたい犬には可哀想かもしれないけれど、
    外にでかけて命を短くするよりはと考えるように
    常々言われているんですよね。
    でも!それにかまけて我が家では普段から
    お散歩が超少ないのですが…i-230
    しかし、犬なのに、出回れないのってほんと
    気の毒ですよねi-182

  24. eri.k | URL | HwDRl306

    Re:いきなりチアノーゼ

    こはまさん
    チアノーゼの症状になってからのいろはは
    前脚をつっぱり、首を伸ばして気道を確保しようとしていたです。
    断末摩のうめき声が、妙に動揺を誘いますが
    やはり 一刻も早く体を内外から冷やす!これに限ります。
    そして、演技してでも 冷静を装う(これは難易度高すぎか)。
    興奮すると、血液がうまく回らなくなるそうで(そんな事も知らず)
    それで舌が、趣味の悪い色へ変色するとか。
    ま、そうなる前に食い止めることが大事なんですけどねぇ。
    まったくもぉ、白髪が増えちゃいましたよ…(苦笑)

    ぢゅんさん
    まったくもって、納得のいかない方程式ですが
    楽しい場所ほど、要注意ってことなんでしょうかねぇ。
    みるみる自分の犬が、変わっていく様子は
    出来れば撮影すればよかったんだけど(笑)
    ほんっとーに恐ろしい光景でした。。。はぁ~くたびれたぁ!
    あ、そうそう。結婚記念日ね。
    実は夫が前日にケーキを買って来てたです。
    そうしたら、マンションの入り口で転んでケーキが潰れたですよ。
    ここへ住んで、そんな場所で転んだことないのに…と
    夫は「何かの暗示が」なーんて不吉な予言を呈してたんですよね(爆)。

    けいさん
    ほんとうに、よくぞ戻ってきた…と思いましたぁ。
    っていうか、回復早すぎなんだよね(汗)。
    もう犬を抱いて、水へ飛び込んででも 体を冷やすことは
    重要ですよね(それも思いつかなかったんだけど)。
    携帯エアコン!素敵~♪買っちゃうぅ!
    野外ライブに活躍しそうだね…えへへ☆

    ぴかこさん
    一応、犬種が犬種なだけに
    細心の注意を 自分では払っているつもりだったですよ。
    でも今回だけは、本当にたまげたです。
    悪化するスピードが尋常じゃなかったので。
    ここのところ、ずっと屋内で適温の中過ごしっぱなしですからね。
    散歩をサボっているツケが、ここに来たようで
    かなりバツが悪い私ですぅ。
    いろは、非常に元気です。。これに騙されないよう気をつけなくちゃ。

    happy さん
    いつかの熱中症とは、全然違ったです。緊急度が(苦笑)。
    嘔吐ですが 先生の見解から言えば 興奮しすぎたことが要因みたいですね。
    内臓の筋肉が痙攣したのかな…?
    ひょっとしたら、チアノーゼは嘔吐前から現れていたかも知れません。
    いずれにせよ、興奮して 体内でかなり熱がこもっていたんじゃないかと。
    あんなに嘔吐したことはなく、その後すぐに発作的な呼吸に変わりました。
    また、心不全であれば この白いあわあわを吐く行為が
    「咳」であるという記述も専門書にあるらしく。。。
    もう少し勉強しないとなぁ…要反省ですぅ。

  25. eri.k | URL | HwDRl306

    Re:いきなりチアノーゼ

    ひでお母さん
    すみません、びびらせてしまって…(苦笑)。
    興奮、、これほど 難しい要因はありませんよね。
    熱中症に限って言えば、ゼーハーなった際に
    ヨダレの量を確認ですね。
    水分をなんとかして作り出し、それを気化して酸素を
    確保しようとするんですよね。
    そして、チアノーゼになる前は 口の中や耳、目が赤くなるそうです。
    これにより、一気に血圧が下がって今回のような状況になったら
    ちょっとヤバイですよぉ。。あんな姿、もう2度とごめんです。
    ひでお君も、気をつけてくださいね~。

    emiさん
    いろはも小さいうちは、こんなこと全くなかったのですが。
    成長とともに、首周りには立派なエリマキができ
    どんどん 呼吸しづらい体つきになってしまいました。
    しつけなんて、最小限でよいと思いますが
    犬をコントロールするというのは、こういう場面で必要ですね。
    もっとも、ここまでになるとショック状態で
    飼い主の言葉は耳に入らないようです。
    早くに気づいて、即、応急処置。これに限ります。

    cacographyさん
    そっか~、ゴースケ君 車が興奮剤だったですね。。
    実は いろはも マイカーがないだけに
    コサチさんの車を見ただけで、ロックオンです(汗)。
    案外、短時間で車を降りれたので 私も油断していました。
    なるほど、エサ抜きで乗車しているのですね。
    うちも 今後は車内から気をつけるようにします。
    こんな恐ろしい体験は、もうたくさんです(涙)。

    Sachikoさん
    いやはや、とんだBBQだったですよね(汗)。
    皆さんに大迷惑をかけてしまいました。
    しっかりと成犬へと成長してくれたのは良かったんですが。
    フレンチの体型を手に入れたいろはは、大きなリスクもついているのですよね。
    皆さんのお陰で、無事、驚異的な(苦笑)回復を遂げてくれました。やれやれ~!

    えいきちさん
    おかえりなさい!えいきちさん、風邪は大丈夫ですか?
    私も 風邪から大きく体調を崩してたです。御自愛くださいね。
    いろはは、相変わらず 色々とやらかしてくれています(笑)。
    今回の一件は、さすがに凹みました。
    無事にまた、ヤツとの日常が戻ってきたことに
    心から感謝しています。
    あ、るたん君去勢手術したんですね。ようこそオカマの世界へ♪

  26. けい | URL | -

    そうそうライブでも。

    そうだ野外ライブ!!持っていかないと~~
    あ、今年はロッキン土日で参戦デスよー
    あとは湘南音祭行く予定でっす♪夏はかなりあちぃッスよ!!

  27. eimzo | URL | -

    Re:いきなりチアノーゼ

    いろはくんが無事で良かった(>_<)
    フレンチは他の犬以上に暑さ厳禁だったですね。
    意外と丈夫なのでついついうちも忘れて連れ歩いちゃってました。
    チアノーゼの際にどうしたらいいかもとっても参考になったですよ。

    みなさんのチームワークにも脱帽ですよ。
    ホントにすばらしいです~!!!

  28. ガイ姉 | URL | -

    Re:いきなりチアノーゼ

    これから暑くなる季節…
    いろは君には首輪よりハーネスの方がいいかも
    しれませんね…
    それにしても無事で良かったよーー(TヘTo)
    いろは君が倒れこんだ時のeri.kさんの心中お察しします…
    生きた心地がしなかったでしょう…
    周りの皆の助けが本当にありがたいですよね。

  29. eri.k | URL | HwDRl306

    Re:いきなりチアノーゼ

    なびさん
    そうですね。私が医者なら、
    やっぱり夏は、散歩行くなって言うだろうなぁ。いいことなしだもん。
    この事件は朝9時台。。別に暑くないし(苦笑)。
    温度は関係なく、自ら 体温を上昇させてしまったですよ。
    うちも散歩を1週間なしとか、平気でありますが(汗)…
    急に遠出したことも反省材料です。
    犬にも(負担が出ない程度で)、免疫をつけないとなぁと
    今回の事件で感じました。
    まあ、フレンチと暮らすということは こういうことですよね。
    彼らの弱点と、うまく付き合いながら
    この生活を楽しんでいこうと思うです。

    けいさん
    フレンチとの 夏場のお出かけと
    野外フェスに出かけるのは
    結構、同じくらい気合がいる…なんて
    実は密かに思っている私です。
    ロッキン、今年は 幅広いキャスティングですなぁ。
    ああ羨ましい!!

    eimzoさん
    一時は、完全にダメだとも思ったくらい 焦りましたが
    ひょっこり 戻ってきてくれましたぁ。
    スズ君は、おりこうだし
    いろはみたいに ムダなエネルギーは絶対に
    使わないだろうけど(笑)
    でも、やっぱり気をつけるにこしたことはないですね。
    今回は、ほんと皆さんのお陰。この一言につきます。

  30. むる母 | URL | -

    Re:いきなりチアノーゼ

    びっくりしました。ほんと何事もなくてよかったですね。
    私も同じ場面に出くわしたら冷静にいられただろうか?絶対無理です。
    むるしぇも去年より確実に暑さに弱くなって興奮しぃになってます。1年目の夏乗り越えたから大丈夫!ではなくて2年目だからこそ夏用心しないとな~って思いました。
    備えに憂い無しですもね。冷え冷えグッズ持ちあるかな~って勉強になりました。
    いろは君、今年の夏も一緒に乗り切ろうね~!

  31. eri.k | URL | HwDRl306

    Re:いきなりチアノーゼ

    ガイ姉さん
    やっぱりそうですよね。
    この日も ハーネスにかえたほうが断然良いという話に
    なってたんですよ。
    できれば、引っ張りグセがまだ残ってるので
    あんまり使いたくない…なんて思ってたのだけど
    そうも言ってられない状況だし。
    こんなにも簡単に、危険な症状が現れるとは思いませんでした。
    夏の間だけ、仕事休みたい(笑)…。

    むる母さん
    やっぱり、去年より確実に弱いですよね。
    っていうか、まだ1歳なのに…先が思いやられますよ。
    フレンチは、さっきまで まったりと地蔵のように座っていたかと思うと
    次の瞬間には、もう興奮野郎と化して息があがってますよね。
    同じ犬とは思えない!
    いろはは、元気になって戻ってきてくれたので
    「夏、いやや~」ばっかり言ってないで
    うまく このやっかいな性質とつきあって行きたいものです。

  32. まろん母 | URL | schTjVD2

    Re:いきなりチアノーゼ

    こ、こわいです・・・。
    読んでいて本当にひとごとではありません。
    暑さだけではないのですね。。。
    あまり、興奮させないようにします。
    ご飯もたっぷりあげてがっつかないようにします。
    eri.Kさんはもちろん、その場にいらっしゃった方、本当に本当に心配だったでしょうね;;)
    私なら、車を運転してもかえってパニックになり事故りそうです><
    本当に無事でよかった~・・・。

  33. eri.k | URL | HwDRl306

    Re:いきなりチアノーゼ

    まろん母さん
    ご心配いただき、ありがとうございます。
    この犬種と暮らす以上は 気をつけないといけないことが
    結構ありますよねぇ。
    ちなみに、ご飯をがっつきすぎて…という例は、
    主に大型犬にみられるようです。
    普通に食べてれば(ま、がっつくでしょうけど;)、問題ないと思います。
    とにかく、たくさんの方にご心配をおかけしました。
    戻ってきてくれたいろはと、なるべく長く一緒に過ごせるよう
    私も、もっと勉強していこうと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://168mania.blog19.fc2.com/tb.php/113-4f8c100e
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。